うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(タロット鑑定してます2020・物書き(ライター)始めました2018)

フィギュアスケートつらつら語り in 5月③

フィギュアスケート関連の話題を取り上げたテレビ番組の感想をつらつらと語るシリーズ。関係あるのかないのかわからない私の個人的な話が長過ぎて(汗)、本日は1番組のみの感想です。すみません(汗)。

テレビだらだら語り

てなわけで、本日は5月12日(5月11日深夜)にBS朝日で放送された『japanぐる~ヴ』について。

実は、最初の10分くらいは寝ちゃってて見逃してしまいました…。無念。去年もやってましたね、番組内でファンタジー・オン・アイスの話題。あれからもう1年経ったのか、早いなあ。

キャンデロロの話に笑った…。確かに技術的には若い選手には及ばないだろうが、何故か何度見ても飽きないんですよ、三銃士(笑)。長野オリンピックの時にやたら人気があったなこの人、と名前や顔は知ってたけど演技はちゃんと覚えてなかったのに、いざ会場で見たらどうしてあんなに人気があったのか一発で分かったもん。これがエンターテイナーなんだなって。だからこれからも毎年どこかの公演に潜り込んで欲しい(笑)。

そうそう、今年のゲストがToshIだと聞いてものすごく行きたかったんだよねえ(泣)。彼の生歌を一度聞いてみたくて。私の周辺には聞いたことがあるという人は多いのだが。彼にも色々な時代が…、その、ゴニョゴニョ…(汗)。
もうそこそこの年齢なのにあの声が出せるって、生ならどれだけ迫力あるんだろうかとずっと気になってたし、ファンタジー・オン・アイスで聞けるなんて最高のシチュエーションだったのにねえ。何で私は今年も絶望するほど貧困状態なのか…。

金さえあればチケット全公演取りますけど?!根性と執念で取りますけどー!!行きたくないわけでも暇がないわけでもないんだよ!ただただ金がないんだよおおおおお!!!←血の涙
2010年の新潟の初回公演から見に行ってる私が、複数公演当たり前のように見てただいぶヘビーなファンの私が、一昨年は1公演だけ、昨年はついに1公演も見られなくてどれほど心を抉られたか想像してみておくれ…。ああジョン・レノンの歌声が流れてくるよ…←断末魔

夏のために年中節約して貯金して、どこに何公演行けるか徹底シミュレーションして(給料が爆笑するほど少なかったので…)、春はチケットを忘れずに入手してホテル手配して交通機関も1円でも安くなるよう工夫して、金がかかりすぎるせいか3年で12kg痩せて(超実話…。単に仕事が忙しかったせいかもしれないですけどね…。洋服がLからSになったよ…)、それでも毎年「来て良かったあああああ!」と会場で感動に震えて苦労を全部忘れてまた来年の夏に備えるという、もはや私のライフワーク状態だったので、どこの会場にも自分がいないという状況を受け入れられなかった…。だから今年は絶対リベンジ、と誓ってたんだけど、ぶっちゃけ去年より貧困化が進んでてマジで絶望しかないっすよ!なんすかこれ←ショック過ぎて幽体離脱


この時期はファンタジー・オン・アイス関連でブログにアクセスしてくださる方が増えるのに、古い情報しかなくて本当に申し訳ない、という気持ちでいっぱいです…。実際に足を運んだ人間でないとわからない生の声の需要みたいなものをひしひしと感じるよ…。
座席からの見え方が気になっておられる方が多いのだろうな、という印象が強いのだけど、毎年同じ設営ではないし、同じ種類の席でも場所によって見え方が全然違うから、覚悟を決めてどこの席でも楽しむのがいちばんかなと私は思ってます。端の席はとくに見えづらいことがあるので、端に座る時は特に、スタオベやバナーは「もっと端の人が見えないかも」ということを頭に置いておいた上で実行してもらえたら嬉しいかな、くらいかなあ。でも端でもよく見える会場ならそんなに気にすることでもないし、結局会場によって変わるから正解はないんですよね。

こういうマナー的なことや注意事項的な内容に触れた記事も書いたらいいのかな、と思うんだけど、「会場によって微妙に違う」「基本的に行ってみないとわからないので絶対はない」ことだとも思うので、どう切り出したらいいものか、と悩んでしまうのだった。似たような記事はいくらでもあるしなあ。あんまり行く前からガチガチに縛り付けるのもどうかと思うし。たぶん、そういう記事を読んでから行こうとする方は、どうしようもない困った人にはなり得ない層だと個人的には思うし。

ぴあの窓口行って席選んでもある程度余裕で買えた時代なら座席情報は大事だったかもしれんが、今はとにかく入ることが先決、みたいな事態になってるからねえ。2013年の福岡公演の初回は当日券で見たなんて、今となっては信じられない話ですね…。


「Fantasy on Ice」関連でアクセスしてくださる方がたどり着くのが何故か2018年の記事みたいなので、2019年用に書いた記事のリンクを最後に一応置いておきます。役に立つかどうかわからないですけど。役に立たなかったらすみません(泣)。

渾身のレポートを書く自信があるので、突然諭吉が家のポストに投げ込まれるとか、突然テレ朝が始めた懸賞に奇跡の当選を果たすとか何とかして潜り込みたい…。潜り込みたいよドラえもん…。幕張行きたい…。
金があったら綿密に計画立ててちゃんとチケット取ってるので、それが出来てない時点でどうしようもない大不況なんだとお察しいただければ幸いでございます(泣)。足掻ける余地があるんだったら足掻いてますよ、最後まで…。もうね、ホントにホームレスになる覚悟しなきゃあかんなっていう状況に何度となく陥ってますからね(吐血)。よくまだ生きてるよな…。

湯婆婆様に仕事をくれと直談判しても、なんだかんだと心が広い湯婆婆様すらそっぽを向く底辺、それが私。見通しは暗過ぎですが、大逆転人生が待っているという占いを信じて(実は今のところ(2年半分くらい)ほとんど当たってはいるのだけど、いわゆる成功譚ではないので、その段階に達してからまとめて書けたらいいなと思っている)生きていくしかないっすわ←もう投げやり
これまで何とか念力でチケット入手して(最後は念力の勝負だと思いますよチケットって←意味不明)執念の節約で諭吉を生み出して何とかしてきたんですけどマジで首の皮すらちぎれそうですよ(吐血)。でもまあ希望は捨てずにいようと思います←目がうつろ


テレビの感想と全然関係ない話が大半を占めてしまってホントにすみません…。まあそれがつらつら語りってことで何とぞひとつ←どうしようもなく投げやりそして目がうつろ


というわけで最後にリンクを↓
usagipineapple.hatenablog.jp



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu