うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2016 in MAKUHARI 雑感③

テレビ放送を見て綴る感想文の最終回。最後に会場でショーを見て書いた記事にもリンク貼っておきますね。ではでは、よろしければ最後までお付き合いください。


★オレクシイ・ポーリシュク&ウラジミール・ベセディン
雷様みたいな(ってこのたとえ若い人には通じないのであろうか…)アフロ?にボーダーの衣装。ベセディンさんの靴下もボーダーでかわいい。
ポーリシュクさんが片手1本でベセディンさんの頭の上に倒立するときはアフロをずらしてた。じゃないときっと手が滑っちゃうのねきっと。


安藤美姫
安藤さんにしては少女趣味のようなかわいい衣装。フリルにリボン。こういうのもいいですね。古い映画みたいで。プログラムもかわいいなあ。
こういう健康的な安藤さんがすごく好きなんだが、昔から…。ポンポン持って踊ってたやつ、あれがめっちゃ好きなんだってば。誰か同意してくれー。
あ、もしかしたらこれ会場では見てないかも。見られてラッキー。


ハビエル・フェルナンデス
マラゲーニャ。競技のプログラムだったからか始まる前の歓声が凄い。スペインの人が滑るスペインの曲なんて反則だわー、素晴らしいわー。フィニッシュの表情も超男前だわー。


★エカテリーナ・チェスナ&アレクサンダー・チェスナ
この二人は会場で見るといつも感動しちゃうのよ。ほかではなかなか見られない演目でしょうし。はためく布は人類のロマン…。宗教画の天使の絵が立体になるとこんな感じなのかしら。
たぶん真価がわかるのは会場なので、生で見たことない方は是非会場へ。


ジェフリー・バトル
すっかり振付師としての地位を確固たるものにしたジェフ。ちょっとした動きも全部曲に添ってて、しかも粋なのよ。ついついうっとり眺めてしまって演技に没頭してしまって、逆に細かい感想が書けない…。


メリル・デイヴィスチャーリー・ホワイト
足元を堪能できるっていいよねえ、テレビだから余計堪能できると言おうか。純粋に滑りで魅せてもらえるのすごく楽しい。チャーリーかわいい←お前はそれしか言えんのか←そうです


ステファン・ランビエール
藤澤ノリマサさんの歌唱による『誰も寝てはならぬ』。久しぶりだなあ、ステファンのトゥーランドット。いろんな人が滑ってる曲で、名演技も多いけど、男子ならやっぱりステファンがいちばん印象深い。とにかく風格があるのよ。
藤澤さん、何故最後があんな音上げて歌ったんだろう。なんかそこで一気に現実に戻されちゃって、ん?と思ってしまった…。すみません。


★フィナーレ
ストルボワ&クリモフやフラフープのイネルシさんたちから始まってスケーター総出。歌は藤澤ノリマサさん。歌詞が日本語。福間さんもピアノで参加。もっとピアノの音を聞かせてくれー。
あ、やっぱり最後の方だけドイツ語になってる。第九か。ステファンはどこにいてもその華やかさでわかるけど、中央だということは今回はステファンを主座に据えたショーだったってことね。
女子は赤いワンピースで、男子は銀色のシャツに黒のジャケット。かっこいい。

一芸披露大会まで流すのか、完全ノーカット?ステファンの4回転は着氷怪しかったけどしっかり降りましたね。
いや、福間さんがバラード弾いてた記憶があるんだけど、ファイナルの映像に合わせて。あれはカットなのか?!福間さんの演奏聞きたかったのになー(泣)。


以上。会場でも見たショーでしたが、細かいところも忘れてたしたぶん私が行った日の公演じゃないので新鮮な気持ちでもう一度楽しめました。最後まで感想文に付き合ってくださった皆様ありがとうございました!無料放送してくださったテレ朝さんもありがとうございます!

最後に、会場での鑑賞記を含んだ旅日記も置いておきますね。全7回です。↓
usagipineapple.hatenablog.jp



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com