うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

730回の糸紡ぎ

本日で当ブログ「うさぎパイナップル」は開設から丸々2年です。明日から3年目に突入します。もがいている時期に始め、まだもがいている状態なので、長い2年間でした。あっという間、という感覚はないですね。ひたすら耐えて、地道に積み重ねてきた感じです。

一応、2年間毎日更新してきました。過去に友人知人に読んでもらうためだけに書いていた、全国のアイスショーに出掛けては綴っていた旅日記を修正して載せていたため、完全に新しく書いた記事は1年分くらいかなと思います。結構大幅に修正したり、初期に書いた記事などは文章力がどうこう以前にテンションがおかしすぎて(汗)ものすごく修正に悩んだりもしてるので、過去の文章を利用していたとはいえ、そんなに楽をして更新できた感覚は実はなかったりして。
過去のものや書きためていた旅日記もそろそろストックがなくなってきたので、毎日更新もどこまで続けられるかわかりませんが(基本は書きためておいて予約投稿)、そろそろフィギュアスケートシーズンも本格化。毎週末グランプリシリーズに大騒ぎする日々が待っています。既にB級大会も、ジュニアのグランプリシリーズも始まってますし、書くことはきっといくらでも出てくるだろう、とワクワクしていたりもします。

この2年の間に「今の自分にできるものはほかにない」とライターを始めました。理由を話せば長くなる…、ので今回は差っ引きますが(体調的に通勤に耐えられず在宅で働くしかないかなという現状とかまあ色々)、ブログを続けていたことがライターの仕事にも結局続いてたんだな、と実感する日々です。ライターとしてはスタートラインに立ったばかりで、これでやっていけるんだろうか?と不安になる毎日ですが、信じてやっていくしかないな、と思ってます。
このブログは1円も生まないけれど、それでも毎日更新しようって思えるってことは単に書くことが好きなんですよね(笑)。自分の書きたいものを自由に書いていいわけだし。見てもらえなければ確かに意味はないけど、見てもらえなくても勝手に楽しく書いてようと思ってます(笑)。


ついでにちょっと体調のことを書いておくと、おそらく持病に起因する貧血が、春に受けた健康診断の結果からしても明らかに悪く、どうも輸血だ入院だという話が聞こえてきそうな数値らしいのでひやひやしてます。そんなお金ない。払えませんよそんな大金!だからその前に何とかしないとやばい。
数年前に悪化し始めた頃に鉄剤を処方されたのですが、激烈な副作用のためとても続けられず、サプリメントを服用していたところ生活が苦しく費用が払えなくなって今に至ってしまい…。
鉄剤がダメなのでついに注射に通うよう指示され、実際注射後は体が軽くなった感じもあったのですが、2回ほど通って放置。病院に回せるお金がない…。長年治療している持病の検査も貧困により断り続けていて、「これだけ体調が悪いのに」と医者に嘆かれ、でも「何年も前から周囲に助けは求めているが、自力で何とかできないのなら死んでくれという話のようです」と答えるしかなく…。
自力で何とかしようとし続けてきたし今もそのつもりなんだけど、近所のスーパーに行っただけで帰宅後に動けなくなる状況を抱えていても「普通の人と同じように頑張れ、頑張れないあなたが悪い」と言われるのはごめんなさい、さすがにきつい…。私だって動けるものならバリバリ働きたい。でも言うことを聞かない体。つらい…。かと言ってまったく何もできないわけでも要介護とかでもないわけで、いちばん理解を得られないパターンと言えばそうかもしれない。
「あなたは体調が悪くて人に迷惑をかけるのを当たり前だと思ってる」という上司の言葉に心が折れて以来、紆余曲折しつつ、もはや性格の問題と言い切れるのか悩むくらい恐怖や不安に陥りやすく疲れ果てていた状況も踏まえ、自宅療養しながらでもできる仕事を、と必死で考えて、どうしようもなくて始めた面も大きいライターなのですが、で、自宅療養の効果が出ていることもたくさんあるのですが、貧血は自宅療養では無理っぽい。勝手に治ると軽く考えてた私が甘かった…。仕事が忙しいとか通勤が長時間とか上司がゴニョゴニョとか給料安すぎとか業界に未来なしとか思い当たることが多すぎて気がついていなかったけど、気力でどうにかならなくなってきた頃からおそらく貧血が悪化していたと考えると色々合点がいくんですよ…。

何でこんなに体力が続かないんだろう、すぐ横になって怠けてる自分はなんて情けないんだろう、それでも結果を出さなきゃ、誰にも頼らずに頑張らなきゃ、と日々現実に向き合っている本人も苦しい…。できて当たり前、と思われてること、自分でもそう思ってることができなくて苦しいのに、そこを責められるのつらくて相談もできず孤立してますます不安になって、の繰り返しだった気がする…。私の頼り方が下手なんだろうし(結構ギリギリまで我慢して本音を言わないのでだいたい伝わってない)、実際何の利益も生まない今の私に利用価値はないだろうから色々しょうがないよねと思ってるけど、でもひとりだってちゃんと話を聞いてくれただろうか。何も言わせずに色々決めつけたり、自分には関係ないからって態度を取られたり(確かに関係ありませんけどね。でもそれを言うなら相手の意志や事情も私にはまったくもって関係ないってことになるけども…)、甘えるなって怒られまくったり、そういうことが続くともう疲れちゃって、結局迷惑がかからないようにするにはこの世から消えるしかないんだな、と結論を出してしまう。時々ネタにしてる手相鑑定があまりにも当たってて「これだけはっきり未来の線が出てるから死にませんよ」ときっぱり言われてるので、何とか生きてみようかと思ってるだけで。手相すげえな、命救ってるぞ。だから貧血でも死なないだろうとは思ってますが、本当に死なないのかこれ?ってレベルになっててさすがにちょっと助けて欲しいんですけど…、という状況ですね。
ちなみに手相鑑定によるとあと半年くらいは現在の経済的に破綻した生活が続くらしく(泣)、でも今自分が選んでる道で正解っぽい…。つ、つらい…。けど確かに、それ以降は希望のある話がいっぱいだったんですよ。私くらい偏ってる人間じゃないと大きなことはできないそうで(笑)。ものすごく大きな仕事をするって言われた未来まで(4年後くらいらしい。そんな遠い未来じゃないですね)生きていたいなあ、とめっちゃ思ってます。…この2年ほどの予言を何一つ外してないんだもん、信じたくもなるでしょ…。ちなみにその鑑定がこのブログ始めたきっかけのひとつでもあるんですよね。

差っ引くと言いながら結局書いちゃった気がするわ。自分の心が勝手に行動を縛るのをばかばかしくてやめたいのにやめられない不安とか色々…。うん色々あってな…。おなかいっぱい食べたい…。あとこの体調でホームレスはちょっとな…。それ以上にたぶん重度の植物恐怖症なので間違いなく恐怖で発狂すると思うし…。どうも主に職場に問題があると強烈な不安や恐怖を感じるトリガーを引いちゃうみたいで、その職場を離れてもいろんな恐怖や不安だけ延々と残って自分の生活をがんじがらめにしてきた結果が今でしてな…。
まあそんな感じで私の人生ハードすぎなんですが投げていいですか!悲惨すぎると笑いも取れませんけどー!あんまり笑いに走ると現状が伝わらねえええ!私がまだネタにしようとか思えるのはずっと社会の底辺だったから悪い意味で慣れてるだけで、たぶんこれ「普通」の人がいきなり味わったらそれこそ命落とすやつだよ。だからこっちへ来ちゃいけない。でも私だってここはもうイヤなんだ。そっちに行くために力を貸して欲しいんだ…。
今はそんな感じで無理だけど、いつかは誰かの叫び声に耳を傾けられるようになりたいとずっと思っています。自分がどん底を見た分、同じ思いの人を見捨てるようなことはしたくない。甘いと言われてもそんな人間にはならない。人間でいたいから。今はそんなこと言ってる場合じゃないし、私には向かないことかもしれないけれどね。たぶん、共感しすぎると自分が心折れたりするからな…。


さて、本日が2年目最終日ということで、この2年間に書いた記事をいくつか振り返ってみようと思います。
と言っても、お題に答えたりして結構振り返り記事は書いているので、それをまとめるだけかな(汗)。

まず、これが1年前の振り返り記事。ブログ開設丸1年ということで1年間に書いた記事をいくつかピックアップしているのですが、この当時はほとんど読みに来ている人はいませんでした。なので完全な手前味噌記事です(笑)。1年間毎日更新していてもほぼ誰も読んでいない(笑)、なのに毎日更新していたというのはある意味苦行ですが、書くことが好きだったのでできた苦行ですね。
↓↓↓
usagipineapple.hatenablog.jp


自分も読者になっていくつかブログを読ませていただいてますが、毎日でなくても定期的に続けられる人はほとんどいないんだな、と実感しています。収入目的のブログではなかったり書くことが仕事じゃないのにこれができる人は本当に書くことが好きなんだろうし、実際に今後も何らかの形で「残って」いく人なんじゃないかなあ、と一読者としては感じています。ブログが残る、という意味ではなくて。

この頃の読者は「未来の自分」に設定してました。初期は知人が数人読んでくれてたはずなのですが、時々にでも反応をくれていたのはひとりだけだったし、ネガティブな内容だけが取り上げられ、私の意思を汲んでもらえてないんだなと感じることもあったので、だんだんと「読んでもらえてないなこりゃ」と判断するようになりました。アクセス数も今の1/3とか1/5とかでしたしね。今も別に多くはないので、どれだけ世界の外れだったのかと(笑)
2年目に入ってからやっと、毎日のようにスターをつけていただけたり、時々コメントがいただけるようになったんですよ。今でも、2年も続けているブログとしては破格の読者やスターの少なさだと思います(笑)。よく平気で続けられるなと思いますが(笑)、その辺りに価値があるのかどうか疑問が多いので別に…、という感じ。はてなでブログを書かれてる方ならご理解いただけるかと思いますが、明らかに読んでないけど、自分のブログへの導線とするためだけに痕跡を残していく人、という層が相当数いるのですよ。そういう点も含め、読んでいただいてる方ははてなユーザー以外の方の方がどうも圧倒的に多そうです。あくまで検索経由で、定期的に読んでくださってる方はほぼいらっしゃらないだろうと思いますが…。もしいつも読んでくださってる方がいたら心からありがとうございます(涙)。


そのほかの振り返り記事はこちら。

2016年の振り返り記事(これのみ書いた記事の振り返りではなくただの嘆き(笑)。始めて3ヶ月くらいでしたし…。とりあえず置いとくけど)
↓↓↓
usagipineapple.hatenablog.jp


2017年の振り返り記事
↓↓↓
usagipineapple.hatenablog.jp


フィギュアスケート関連(2017-2018シーズン)の振り返り記事
↓↓↓
usagipineapple.hatenablog.jp


2018年上半期の振り返り記事
↓↓↓
usagipineapple.hatenablog.jp


最新の振り返り記事以降だと、まずこれかなー。たまーにしか書かないゲームの記事ですが、私はだいたいとても楽しい。でもいちばん反応がないのがゲームの記事(笑)。そうそう引っ掛かるマニアはいないとわかって書いてる記事が大半なのでそれでも平気(笑)
↓↓↓
usagipineapple.hatenablog.jp


フィギュアスケートからはまず渾身のポエムをどうぞ(笑)
↓↓↓
usagipineapple.hatenablog.jp


それからやっぱりこれ。長いので本編スタートの回から(笑)。全16回。もう町田君のことを書くのも最後かな、と思うと寂しいですが、私という名もないファンの物語もフィナーレを迎えるつもりで書き上げました。この物語を悔いを残すことがなく終われそうなのは本当に奇跡としか言えないです。この一連の記事が書けた喜びを、私は生涯忘れることはないでしょう。
そして、おそらくこのプリンスアイスワールドの記事のおかげで1日あたりのアクセス数がぶっちぎりで過去最高を記録しました…。びっくりしました…。拡散してくださった方、本当にありがとうございます。おそらく15回目がはてなのトップページにも載り、はてなの公式ツイッターでも紹介され、珍しいこともあるものだと思っていましたが、それ以上に町田君のファンの方が読んでくださったようで、とても嬉しかったです。読み返すとあまりいい文章ではないなと思うのですが、それでも大切に書いた記事なので、たくさんの方に読んでいただけたのは最高の幸せです。この記事を書くことができて、本当に、本当に、良かった。
↓↓↓
usagipineapple.hatenablog.jp



いい加減長いので(笑)、こんなところで。
やっと道が見えてきたのを感じつつも、これを書いている今は何とも言えない状況…。3年目はきっと楽しく更新できるに違いないと天に祈る…。
ブログは本当に私の心の支えになりました。心が折れるような出来事にも遭遇し、もう続けられないと悩んだ日もありましたが、少しずつでも世界が広がってきたのはブログやツイッターのおかげです。1000記事まではがんばろっかなー、なんてなんとなく考えてますが、だからなんだという結果になりそうなので(笑)適当にやっていこうかなと思います。

世界の外れにひっそり佇むブログですが、こんな世界の果てを見つけてくださって本当にありがとうございます。明日からも世界の果てまで遊びに来てください。皆様が遊びに来てくださるなら、私ははりきって記事を書いてお待ちしています。時々「いつからこねて…もとい用意してたのこれ?」という記事も混ざりますが、あまり気にしないで遊びに来ていただければ(笑)。